過去作情報 Edit

どうぶつの森 Edit

機種:NINTENDO64
発売日:2001年4月14日
価格:5800円(単品)

NINTENDO64で発売された「どうぶつの森」シリーズ第1作。
ほのぼの生活、たぬき商店等の基本的なシステムはこの第1作の時点で確立されている。
ファミコンの家具が登場し、実際に発売されたファミコンタイトルを遊べるのも印象的だった。
公式HP

どうぶつの森+ Edit

機種:ゲームキューブ
発売日:2001年12月14日
価格:6800円(税別)

ゲームキューブで発売され、前作から僅か8ヶ月で発売されたシリーズ第2作。
コントローラパックを任天堂に郵送する事で、64版からデータの引き継ぎができた。
今作から博物館やマイデザイン、島などが登場した。
グラフィックも綺麗になり、フレームレート(動きのなめらかさ)も向上。
メモリーカード対応なため、カードの分だけ村を作る事も可能。
本作だけでメモリーカード59の容量を使いきってしまうため、
ソフトにおまけデータの入ったメモリーカード59が同梱された。
GBA本体との連動もあり。
公式HP

どうぶつの森e+ Edit

機種:ゲームキューブ
発売日:2003年6月27日
価格:6800円(税別)

前作に引き続きゲームキューブで発売されたシリーズ第3作。
どうぶつの種類が増え、イベントも増えている。
海外版基準となっており、看板の文字は英語で、
ファミコンのデザインがNES(海外版のファミコン)になる等の変化もある。
また、今回はSDカードアダプタで写真を撮ることもできる(現在は販売終了)。
前作「+」のメモリーカードを使用する事で、一部データの引き継ぎも可能。
また、タイトルに「e+」とあるように、
GBAの「カードeリーダー+」を使用して、別売りのeカードを活用できる。
好きな村の住民を呼び出すことができるが、既に15人住んでいる場合は誰かが引っ越してしまう。
島の住民も、eカードで変更することができた。
公式HP

おいでよ どうぶつの森 Edit

機種:ニンテンドーDS
発売日:2005年11月23日
価格:4800円(税込)

シリーズ初となる携帯機での発売となったシリーズ第4作。
今作は国内だけでも500万超の売上を記録。
フィールドに番地ごとの区切りがなくなり、システム面もリニューアル。
Wi-Fi機能や、2画面の特性を利用して「空」の機能も追加。
本作より、ファミコン家具がなくなった。
公式HP

街へいこうよ どうぶつの森 Edit

機種:Wii
発売日:2008年11月20日
価格:5800円(単品)

5年ぶりの据置機でのどうぶつの森となったシリーズ第5作。
今作はタイトル通り、様々な店が立ち並ぶ「街」へ行くことが出来る。
DS版のデータを引き継ぐことができるが、ベルは移動できない。
周辺機器「Wiiスピーク」を使用する事で、通信相手との声での会話も可能。

公式HP