オイラ(A)×アタシ(B) Edit

会話1 Edit

A:オーッス! ○○!
今日も オイラはぜっこうちょう!
1! 2! 1! 2!

B:ちょっと・・・
もうちょっと 落ち着けないの?
Aくん

A:なんだよー! B!
オイラが 落ち着きがないコ
みたいに言うなー!

B:だって そうじゃないの
いつも そんなに
はしゃいじゃって・・・
そうだわ!
試しに どれだけ
ジッとしていられるか やってみたら?

A:いいぞー!
受けて立つよ!
よーい、スタート!
じーー・・・・・・
ギ、ギブアップー!

B:えぇ?!
それは いくらなんでも
早すぎよ、△△

会話2 Edit

B:ねぇ、Aくん
アナタ 筋肉とか運動とか
くわしかったわよね?
最近、運動すると アタシ
二日後とか 少し遅れて
筋肉痛に なるようになったの・・・

A:そうなの? オイラは
トレーニングした後、
すぐに なるけどな~
○○、オマエは
どうなんだ、△△?

会話3 Edit

A:よぉ! ○○!
なんか ヒマだからさ、
二人で 何して遊ぶか相談してたんだー
オマエも アイデア
出してくれ―!

会話4 Edit

A:なぁ B、
人生に 大事なことって
何なんだー?

B:そんなの こだわり
に決まってるじゃない

A:ナニッ?!
なんだよ こだわりって! △△!

B:それはね・・・
誰にも ゆずれないもの
ゆずりたくないものよ!

A:オイラの
ゆずれないもの・・・

ふっきんに 対する
熱い思いとかか?

B:そう!
それが アナタのこだわりなら
大事にしなさい!

アタシは ふっきんには
興味ないけどね、△△

A:えぇー?!
オイラのこだわりは
他人に りかいされないのかー?!

B:いいじゃない 理解されなくたって

つまらないオトナはね
人に 理解されないからって
自分のこだわりを 捨ててしまうのよ

会話5 Edit

B:お元気ですかー!

A:もっと 体育の先生みたいに
言うんだ! B!

B:何それ・・・あっ
○○くん!

Aくんに
つかまっちゃって、おかしなことに
付き合わされているのよ

A:今、Bに
発声トレーニングを
してもらってたところさ

元気があれば、なんでも
できるからな!
それじゃあ、次は・・・

B:あっ、ごめんなさい!
アタシ、のどの調子が
悪いみたいなの・・・

続きは また今度に
してもらえるかしら?

A:よーし、わかった!
次のトレーニングの
メニューを考えておくよ!

温めますかー?
トイレ どこですかー?*1

B:そ、そんなに
がんばらなくていいのよ?
Aくん?


*1 強制スクロールで表示され、すぐに消える。