キザ(A)×ウチ(B) Edit

会話1 Edit

B:どーしたんだい、(A)
しんみょうな 顔して・・・
ハラでも 痛いの?

A:ボクはね・・・
今日という 今日は
カクゴを 決めたよ!

B:あん?
何だよ、ケンカしようってのかい?

A:ノンノン、違うんだ!
今日こそは キミのこと
理解しようと 思う!

B:な、な・・・なんだってんだい?
うす気味悪い事 ぬかすな!
男のくせに 甘ったるい
ニオイさせやがって!

A:キミにも わかってるはずだ!
この香りが すべての女性を
いやすって!

B:げっ・・・
コイツ マジで 危ない・・・

A:キミは ホントは 優しい女性のはずだ!
そんなに ニラまなくたって
誰も キミを 傷つけたりしないよ

B:え、あの・・・

A:この世の 女性は
(甘い物名)より 甘い・・・
キミだって ボクの 目には、
輝きを秘めた 原石に 見え・・・

B:えーい、クソったれ!
突然 自分の世界に入る、アンタの
そういうところに ついていけないんだよ!

A:ハッハー!
怒った顔も ステキさ! △△!
(B怒る)

会話2 Edit

B:え?
ウチの 勝負服?
・・・まぁ、あるけど?

A:本当かい?
ぜひ 聞きたいな、
レディ・(B)の 勝負服!
ここ一番の 服装にこそ、
真の願望が かくされているって 説も
あるぐらいだしね!

B:・・・言ってることが
よく わかんないけど
まぁ とりあえず、アレさ!
(パターン1)
いざってときの ために、
服の下に 鉄板とか
仕込める方が いいと思うよ!
仕込んでることが バレたら
カッコ悪いけど・・・
背に腹は 代えられないからさ!
(パターン2)
見ただけで 相手が ビビるような
目立つ服が いいね!
目の覚めるような 紫とか
後ろに シブい ししゅうが
入ってるとかね・・・
とにかく 強そうに見せるのが
重要なんだよ!

A:・・・え?
はっ! ごめんよ、
キミの話は レベルが 高すぎて・・・
でも、勝負服に対する 思いが
本物ってことは わかったよ!
ちなみに ボクのとっておきは、アレ!
素肌に 白いシャツ!
胸のボタンは 二つ目まで
はずしておくのが お約束さ!
これに、エナメルの 白い靴を
合わせれば・・・完ぺきだよ!

B:・・・アンタ、
それで 一体
どんな勝負に 挑もうっての?
自分で 弱いですって
言ってるような 格好じゃないか!

A:アーハン、その通りさ!
ナイーブなボクを
演出するための 格好だからね!
キミの 勝負服は
ちょっと スキが なさすぎるよ・・・
まるで 本物の戦いに 行くみたいだ!

B:だって 勝負だろ!
本物じゃなかったら・・・なんだよ!
△△!

A:ハッハー!
(B)さんは
おちゃめさんだね! △△!

(B怒る)

会話3 Edit

A:Bさん、キミって
機械の修理とか できるって
聞いたんだけど・・・

B:まぁね、バイクとかいじってたから
少しぐらいならできるよ、
△△

A:それじゃあ、ボクの
こわれかけのラジオを
直してくれないか?△△?

B:あぁ、任せときな!
それぐらい 朝飯前だよ!
△△!
じゃあ、とりあえず
派手に 光らせた方がいいよね?

A:あぁ、うん・・・

B:それなら、電球を
たくさん 用意しないとねぇ・・・
あ、エンジンは
空冷式で いいかい?
A?

A:え・・・?
ラジオの修理だよね?
Bさん?

B:あと はんにゃの絵とか かいたら、
マジで ヤバイと
思うんだよねぇ~・・・

A:・・・やっぱり、
キミに お願いするの
やめておくよ、Bさん

会話4 Edit

B:な、なんだよ!
ニヤニヤして・・・
思いだし 笑いかい?!

A:ふっふっふ・・・ボクは
聞いてしまったんだよ、Bさん!

キミ、花が 好きなんだって?

B:げっ! いやな予感!
確かに キライじゃないけど・・・
それが どーしたのさ!

アンタが 思い浮かべる
花ってのが、どんなのか
想像したくも ないけどね!

A:いけないね、
どうしてキミは そういつも
ケンカごし なんだい?

今日の キミは・・・
しろいスミレ(色・花はランダム)
みたいなのにね!

むしろ きいろいコスモス?(上記同様ランダム)
もしかして しろいユリ(上記同様ランダム)
かもしれないなぁ!

○○、キミは どう思う?
今日の Bさんは
例えるなら どの花かな?

(上記のランダムな色・花が選択肢になる)

(選択肢上3つ以下共通)
A:イメージは 羽の生えた想い・・・かな!
どうだい?

(パターン1)
B:あ~も~ ややこしい!
ウチは ぼんさいだって
好きなんだよ! △△!

(パターン2)
B:・・・ああ、ゴメン
聞いてなかった! △△!

A:クールだね! Bさん!
△△!

会話5 Edit

A:やぁ、○○

B:ちょっと 待ってな!
○○!

Aに 練習台に
なってもらおうと 思ってるんだ、
△△

A:おい おい、
おだやかじゃないな~
練習台って 何のことだい?

ひょっとして・・・

B:違うよ!

A:まだ 何も
言ってないんだけど・・・

B:今回は ウチが
誕生日の お祝いを言うから・・・

アンタには 言われる役を
やって欲しいのさ

ウチ こういうの慣れてないから
今のうちに 練習しておこうと
思って・・・

A:ハッハー!
なんだ そういうことなら
まかせてくれ! それじゃ・・・

B:それじゃあ、いくよ!

えっと・・・
A、あれだよ
た、誕生日・・・おめでとう

A:ありがとう、Bさん
キミに 祝ってもらえるなんて
ボクは 幸せ者だよ、△△

どんな プレゼントを
もらうより・・・

B:もう いいや
ありがと、A

これで 誰かの誕生日のときのも
照れずに、お祝いが
言えそうな気がするよ

○○・・・
アンタの 誕生日とかね!