ボク(A)×わたし(B) Edit

会話1 Edit

A:Bちゃん
ボクって みんなから
どう思われてるのかなぁ?

B:そうですね~
まだ こどもらしくて
可愛らしいですねって、
Cさんと
お話していましたけれど、△△

A:えぇ~!?
ボク こどもっぽいのぉ?!
うわぁ~ん!!
オトナだなって 思われたくて、
毎日 2リットルも
(飲み物名)のんで ねてるのに!
おかげで ちっとも
ねむれないよぉ、△△

B:そ、そんなに
あなたが努力家だったなんて・・・
わたし 今まで誤解してました
ごめんなさい、△△

A:うぅ~・・・
ホントに ボクに
ごめんって思うなら
ごめんなさいダンスを
おどってよぉ、△△

B:・・・わかりました
ご~~め~~んな、
さ~~い!!

A:あ、○○くん(ちゃん)だぁ~

B:え!
○○さん?
もしかして
今の見てたんですか?

会話2 Edit

A:ねぇ、Bちゃん~
どうして ボクには
キミの作ったおかし、くれないのぉ?

B:え?!
わたしが 昨日の夜に
お菓子作ったの 気づいてたんですか!

A:ボクをあまく 見ないでよねぇ~!
おうちから もれる ニオイで
バレバレだよぉ、△△

B:さすが Aさん・・・
今回は 手作り(甘い物名)に
チャレンジしたんですよ
トッピングにも こだわって、
「見た目もおいしく」
作ったんです!

A:えぇ~?
見た目に 味なんてないよぉ~?
見てるだけじゃ おなかいっぱいに
ならないし・・・
Bちゃん あいかわらず
おもしろいこと 言うよねぇ、△△

B:せっかくこだわった トッピングも、
あなたにとっては
ブタにしんじゅ と言うことですね・・・

A:ブ、ブタ~?!
どこにいるのぉ? △△?

B:ふぅ~・・・
わたし ちょっと
目まいがしてきました・・・

会話3 Edit

B:あら、○○さん!
Aさんったら
なんだか 元気ないんですよ

A:うぅ~~ん
うぅ~~~ん・・・

B:何か 声をかけてあげてください!

会話4 Edit

A:ねぇねぇ
Bちゃん~
本読むのって そんなに楽しいのぉ?

B:もちろん面白いですよ!
△△!
最近 面白かったのは、なんといっても
(「本の名前1」)
ですね!
他には
(「本の名前2」)
なんかも 読み応えがありました!
それから・・・

A:うわぁ~
タイトルを 聞いただけで
アタマが パンクしそぉ、△△

B:そ、そうですか・・・
でも 本にも色々ありますからね
Aさんが
興味を持ちそうな、
食べ物の本も あるんですよ?

A:えぇ~?!
たべものの本?!
それって どんな味なのかなぁ
気になるよぉ、△△

B:ほ、本を食べる気なんですか・・・
食べ物について
書かれた本のことですよ、△△

A:なぁ~んだ・・・
食べられないと
いみないよぉ、△△

B:ホントに Aさんは
食べ盛りですね、△△

会話5 Edit

B:Aさん
なんだか 楽しそうですね!

A:うん
さっき おやつに
(村の特産品)食べたんだよぉ~

B:Aさんは
何か食べてる時が 幸せなんですね
わたしの 幸せな時間は
(焼き物のお菓子名)が焼けるのを 待ってる時かしら

A:うんうん わかる~!
ボク、(焼き物の菓子)を
いきが できなくなるくらい
口に つめこむのも すき~!

B:そうなんですか・・・
わたしには 無理そうです、△△

 (別パターン)
B:(前略)
何か食べてる時が 幸せなんですね
わたしの 幸せな時間は
あついおフロに
のんびり つかっている時ですね

A:そっかぁ~!
あと (飲み物名)いっぱいの
おフロに入るのも サイコ―だよね~!

B:・・・
わたしも 試してみますね

会話6 Edit

B:あら! ○○さん!
ちょうど あなたのことを
お話していたんですよ!
ね、Aさん!

A:そうだよぉ~!
○○くん(ちゃん)ってぇ~・・・
(食べ物名)みたいな ニオイで
(飲み物名)の 味がしそうだよぉ

B:いえ そうじゃなくて
いつもオシャレですねって
お話してたんですよ!

A:そうだねぇ~
ぼくはぁ、○○くん(ちゃん)って
(食べ物・飲み物)みたいで
かっこいいと思うよ~!

B:う~ん・・・
独創的すぎて わかりません

(別バージョン)
B:・・・つまり
ミリョクがあるってことかしら?!